人生100年時代にむけた育児計画@育児休業パパ

40歳の医療関係の仕事をしているADHDのパパ、ASDのママ、そしてHSCの長女(3歳)と期待の新人(次女0歳)が今後の100年時代を生き抜くためのアイデアや育児計画を検討していきます。晩婚化や男性の育児休暇も重要視される中、このワークライフアンバランスなブログがどこまで参考になるかわかりませんが突き進んでいこうと思います。娘たちが結婚することには後期高齢者になっていそう・・。そのためアクティブな後期高齢者になるための人生計画を立てていきます。

涙の物語 タコのおかあさん

 


いや・・

もうね・・。

これを読んだときに泣いちゃったよ(不覚にも)。

toyokeizai.net

多くは語りません、まずは上記のリンク先の記事を読んでみてください。

 

タイトルからして、最初「???」と思ったけど、

まさかね・・「子育て」の話題だったとは思わなかった・・。

おかあさんタコは、子供を生んだ後に全身全霊を込めて、

孵化まで卵を守る。

子育て中は何も食べずに・・

自然の中での営みがこんなに美しく感じたことは久しくなかった・・。

それをタコから学ぶことができた・・。

 

母の愛は「無償の愛」

見返りも何もない。だけど、一生懸命力の限り育てている。

 

親はもっとこの自然の摂理を学ばなければならないと思った。

親が子を守ると言うこと、そして、その輪廻が自然を支えていると言うことを。

 

子供がぴーぴーさわぐだの、

子供がいいつけ守らないだの、

子供が思ったように育たないだの、

それが一体何だというのだ?と思わせる内容だった・・。

 

朝から泣かせるなよ・・。

 

 

この無償の愛が世界中に届きますように・・・