人生100年時代にむけた育児計画@育児休業パパ

40歳の医療関係の仕事をしているADHDのパパ、ASDのママ、そしてHSCの長女(3歳)と期待の新人(次女0歳)が今後の100年時代を生き抜くためのアイデアや育児計画を検討していきます。晩婚化や男性の育児休暇も重要視される中、このワークライフアンバランスなブログがどこまで参考になるかわかりませんが突き進んでいこうと思います。娘たちが結婚することには後期高齢者になっていそう・・。そのためアクティブな後期高齢者になるための人生計画を立てていきます。

100年時代を生き抜くための育児計画を始動

f:id:takatakagogo:20190719113707p:plain


授かり婚にて38歳で第一子、41歳で第二子に恵まれました。

まさしく私自身晩婚ですが、今後より一層晩婚化が進むと考えられます。

娘たちも晩婚だった場合は私はもう後期高齢者の仲間入りをしているかも・・。

 

そこで現在、喧伝されている人生100年時代において、より健康に、より育児のために

役立つ情報をハックしていきたいと考えています。

私はある企業で生命科学関連の仕事に従事しています。

今回一世一代の大勝負でこの企業での営業現場、男性初の育児休暇を取得しました。

 

ブログでは、育児と健康や制度などに関してを科学的に検証していく予定です。

モットーは、「小難しい内容をわかりやすくアホに発信することです。」

,またブラック企業で育児休暇を取得した無謀さから得た教訓や、

育児休暇支援、またパパから発信できる情報も検討していきたいです。

人生をより快適に生き抜くためにも頑張りますのでよろしくお願いします。

ツイッターもやってます。 

→https://twitter.com/@6qFPuDimYL4hPxF