人生100年時代にむけた育児計画@育児休業パパ

40歳の医療関係の仕事をしているADHDのパパ、ASDのママ、そしてHSCの長女(3歳)と期待の新人(次女0歳)が今後の100年時代を生き抜くためのアイデアや育児計画を検討していきます。晩婚化や男性の育児休暇も重要視される中、このワークライフアンバランスなブログがどこまで参考になるかわかりませんが突き進んでいこうと思います。娘たちが結婚することには後期高齢者になっていそう・・。そのためアクティブな後期高齢者になるための人生計画を立てていきます。

100年時代を生き抜くための育児計画を始動

授かり婚にて38歳で第一子、41歳で第二子に恵まれました。 まさしく私自身晩婚ですが、今後より一層晩婚化が進むと考えられます。 娘たちも晩婚だった場合は私はもう後期高齢者の仲間入りをしているかも・・。 そこで現在、喧伝されている人生100年時代にお…

まさか・・まだ休眠口座を・・もってないですよね・・?

昨年から何度かに渡って報道されている内容・・。 取引の無いまま10年以上放置している銀行口座にかかる「口座維持手数料」。 昨年から細々と情報提供がされていますが、すでに実行されているものでもあります。 どういうものかというと、日本の背景として低…

子供が何をするにも遅い。「やさしいヨーイドン!」でゆるふわ競争

食事は一家団欒・・ではなく、ママと3歳長女との大激突。 我が家ではこれを「怪獣戦争」と呼んでいる(!?) 長女は何をするにも本当に遅い。例えば、朝昼晩の食事に1時間以上費やす。 すぐに離席するわ、スプーンやお箸で遊び始めるわ、次女にちょっかいだす…

自己肯定感はしたたかさの中に。社会に押しつぶされないように生きるための教育は?

40代まで生きていく際に思ったこと、悟ったことはたくさんある。 今の地位を手に入れるために失ったものや病んだことも。 結果手に今になって入れかけているのは「したたかさ」。 この「したたかさ」が自己肯定感にとって必要なモノであると思っている。 ア…

頼りない夫に嫌気がさした事がある女性はどれくらい?

結婚式で誓ったことがある。 お互いをパートナーとして認め合い、ともに歩むと。 そのパートナーから「頼りない」と言われてしまっては・・。辛い 男からすると辛い実態が浮き彫りになっているニュースがあった。 下の調査で見ると、あの感動的な結婚式の余…

ドラクエウォークにハマるオヤジは悪か?

自分自身の健康維持と憂さ晴らしで始めたウォーキング。 ただでさえ仕事と家事育児で時間が無いので、やれる時間があるとすると朝の時間と帰宅時間くらい。 朝の1時間半と仕事が終わった後のウォーキングで1時間。トータル2時間~2時間半。 うまくいくときは…

もはや死にたいならば炭酸ジュースを飲めば?の世界がここに。

炭酸ジュースを飲まなくなってから・・もう何年たつだろう。 コーラなんて高校以来飲んでないような気がする・・。 大学の頃に、ファンタを何回か飲んだくらいかなぁ・・炭酸ジュース飲むの。 炭酸ジュースの健康被害は過去に触れました。 それもありったけ…

2歳児以降の第一次反抗期には大いなる親のゆとりで応戦だ!

我が家の3歳の娘。もうすでに反抗期なのでは?というくらい、ギャーギャー騒いでおります。しかし、これは単なるわがまま? 本当の反抗期はこんなものではないだろう。。と思ってました。 私は正直、反抗期ってもうちょっと大きくなってからなのかな・・と思…

3歳娘の「おい!パパくん」がもたらす距離感

割とマジでたまに悩んでいる事があります・・。 それは、3歳長女が毎日当たり前のように「パパくん」「パパくん」と呼ぶこと。 挙句の果てには、「おい、パパ君、絵本読んで!」とかいう始末・・。 昨日は、「おい、パパ君、ご飯粒残ってるよ!」※自分は食べ…

育休取得の阻害要因が「お金」というのは寂しすぎる件

育休後押しの政策や考え方というのが徐々にではありますが拡がりつつあります。 政府の試算では、2017年までに10%、2020年までに13%と目標としていましたが、 2019年現時点で6%行くか行かないか。 目標には遠く及びませんが・・今後どうなるのでしょう? 私…

育児休業中ってパパは楽だよね~。(ふざけんなしw)

このブログは、「自分のため」「人のため」のブログですw この「人のため」の部分は、これから育休を取って頑張るぞ!パパにとって、 良い動機にでもなれば幸いと考えています。 私は短い期間ですが、育児休業を取得していました。 期間は2ヶ月。 ただ妻の…

斜め上の発想が今後の日本を変える!!

ふふふ・・ひっかかりましたね。 単なるタイトル詐欺ですw ただ、適当に考えているくらいの「ゆとり」が次の一手のアイデアを浮かび上がらせる重要なものであるというのはあるのかもしれません。 一時期は「ゆとり教育」と言われて賛否両論な教育体系もあり…

日本の政治不信、官僚社会の抵抗感はこういう所に垣間見える(軽減税率)

2019年から始まってしまった消費税10%。 確かに先進諸外国と同じくらいの税率にとどまったくらい。 膨れ上がる社会保障費への対応・・ 等と言われればそれまでだが、結構心理的な節目になったと思っている(個人的に) 生活必需品に対しては税率を据え置くべ…

新生児~乳児を持つ世帯で冬場にあれば便利なウォーターサーバー

うちには3歳と現在3ヶ月になる娘がいます。 長女が乳幼児だったとき、夜のミルクで非常に重宝したものがあります。 それはウォーターサーバー。 ★営業日15時迄の注文で即日出荷★■送料無料■ニチネン 新型 ウォーターサーバー おいしさポット HWS-101A (2L専用…

もし、自分の子供の心が病んでしまった時には・・

これから長い育児が待ち受けている。 ただこの考え方は単なる「親の目線」。 育児の対象となる子供達は、多様な感受性を持ち、この多様化社会を生きていかなければならない。もちろん親が側にいて助けてあげる環境もある。 ただ、幼稚園、小学校、中学校、高…

イクメンという言葉に押しつぶされた人は卒父ができるのか?

以前書いたこの記事、私がイクメンという言葉を使わなくなった理由を掲げてましたが、関連する書籍がでていたのでKindle版で読んでみました。さっくりと読めましたが、これからの夫婦間をどうしようかなぁと自問自答させられる本でしたので紹介してみたいと…